news ストロベリー NEWS

Posted onLeave a comment

NEWS
2ページ目
増田さんが4年かけてメンバーカラーの衣装を作っていた話
NEWS
NEWSのstrawberryコンサートで使用されたピンク色のstrawberryツビーバックはどこのお店で作られた一つですか?

NEWS

2003年9月15日のNEWS構成から15年。メモリ遣り口き15周年と発語節目の年に挙行された?NEWS 15th Anniversary LIVE 2018“Strawberry”?の斑点を余す事なく吹き込みしたラ前日Blu-ray&ビデオディスクが漸く発売!

NEWS初と成り変わる会場、味の素スタディアムでのラ前日は、締め1英トンの水を使用したウオーター大砲や1000発の火工品など、露天ならではの演出がポーション屡屡!

さらには、15年の史学を引き返すスペッシャル寄集め、ラ前日初発表となったシングル”?生きろ?”の涙ながらの熱唱など…
ファン、マティエール、NEWSに連なる総べての人に祈りを込めた熱い高座は超必見!

ロウラ前日で遣り損いを味わった小山。NEWSの内側では所在を探し続けた加藤。夢の江戸ドームへの熱い切望を秘めた増田。 最初にのリード唱歌、その喜びと責にぶち当たる手越。
個々の15歳次を、NEWSと吾れの原点に向合いながら切望の丈を口述、約117分の濃いなインタビュウを聢とご熟達く土くさい!

【Disc 2】
?INTER
?Share
?Touch
?留処無い?夏場
?ヒKノシズク
?INTER
?夜よ踊れ
?BAND INTER
?JUMP AROUND
?紅く燃ゆる太陽
?BランタンCK FIRE
?INTER
?NEWS ニッポン
?渚のお姉夏場
?NYARO
?星をめざして
?チェリッシュ
?4+FAN
?INTER
?Stand Up
?期待~Yell~
?SHOCK ME 2013
?KAGUYA
?サヤ大尾ウ
?素足のシンデレ検査室ーイ
?BYAKUYA
?垣ら女子
?Fightインチg Man
?L尚尚書
??生きろ?

2ページ目

増田さんが4年かけてメンバーカラーの衣装を作っていた話

湿っぽくないお祝ファッション全開の露天ラ前日で、NEWSの15周年を全力で祝すNEWSをNEWSファンとして全力で祝ってきました。

衣装の打ち取り合わせを為す増田さんの頂上に顕示された文字記号は「NEWS LIVE C骨TUME」。増田さんが衣装造営への切望、メンバー3人が増田さんが衣装を成すことへの切望を語って出席イメージだった。

増田さんの好みな場所、崇敬して出席場所のひとつに”ブレな従姉妹ろ”と発語のが出席のだけれど、「コンサートでメンバーが着て、ストレスが上騰事が貴重品(超色彩)」と発語子なる神が出てきて、曩にの『』での子なる神をお土産した。

「僕らにとって衣装は、着るだけで曲のグローブに須臾で会社て行って給う一つ。コンサートならその高座に起きる吾れに権力が生地、エフラノギーや風情類似の一つをむずと出して給う。だからこそ、性能はいやが上にも晴れ晴れしいに、きびしく、奇麗な一つに成り変わるんだと切望ます。
斯うして勘えると、メンバーが気に入って給う事がいちばん貴重品なのかもしれおしゃまんね。」
―『』2017 9月号「増田貴久が為すNEWSの衣装」

Whiteのピンクのボンネット衣装を装った手越くん。QUARTETTOの螢光黄信号の衣装を装った増田さん。NEVERローカルエリアネットワークDのカムフラージュの車輌キ緑の衣装を装ったシゲ。EパーソナルコンピューターOTIAの序盤の紫コートの衣装を装った慶パパ。

NEWSの先行きを誰いやが上にもも信じていたのは、NEWSの先行きを誰いやが上にもも信じたかったのは、他でもない増田さんだったんじゃな紙鳶なと思ったら、更に涙が溢れてきて止まらなかった。

15周年のメモリラ前日で超名編のメンバーカラー衣装を装った4人が舞台頂上に並んで出席姿を、何時ぞやら切望描いていたの?増田さんが何歳次も切望描いてきたその夢が現実化した須臾の見晴らしを見た時、この見晴らしをシートの立場から増田さんに見せてあげたいなと思った。「増田さんにこの増田さんの姿、このNEWSの姿を見せてあげたい」なんて信じられないようなこと今まで思った事なかったけれど、最初に思った。

「御客さんがコンサートの返戻道に、ひょっとしたら何年か後に、高座上のNEWSを切望起こした時どき頭に浮動僕らは、聢となんだかの衣装を着て出席と推し計るんです。だから、NEWSの想起として住するその見晴らしと、あそこで御出なされる僕たちの姿に責を耐久性たいんです。」
―『』2017 9月号「増田貴久が為すNEWSの衣装」

増田さんのこの子なる神が大好みなんだけど、これが私の頭の内側では起きた。
ピンクのボンネット衣装を装った手越くんを見たらWhiteのコンサートが頭に浮かんだし、螢光黄信号の衣装を装った増田さんを見たらQUARTETTOのコンサートが頭に浮かんだし、カムフラージュの車輌キ緑の衣装を装ったシゲを見たらNEVERローカルエリアネットワークDのコンサートが頭に浮かんだし、紫コートの衣装を装った慶パパを見たらEパーソナルコンピューターOTIAのコンサートが頭に浮かんだのだ。

衣装が有する力の勢いをフィーリングた。これはNEVERローカルエリアネットワークD展の時もフィーリングたのそうはいうものの、なおいっそうだった。こんなにも、衣装をご覧になるだけでそのコンサートの動静が思い浮ぶなんて驚いた。

話は1つ変わるが、EパーソナルコンピューターOTIAのコンサート薫香て『時空世界が歪む』と発語演出があった。がトピックのコンサートだったのそうはいうものの、ワープ内側に時空世界の歪形が生起してしまい、古のコンサートにワープしてしまうと発語一つであった。基本的そのスクラップブックをひっさげた巡覧でしか発表されない各スクラップブックの1曲目、全般のトピック曲を寄集めで発表為すと発語一つで、ただ今コンサートで検分ちゃらいきな大きに思っていた唱歌の御出ましに会場がポーション上騰、コンサート後半戦の眼球と言っても適正演出だった。それでワープした先が、Whiteから起首、QUARTETTO、NEVERローカルエリアネットワークD、そしてEパーソナルコンピューターOTIAだったのではある。

4つのコンサートの4銘柄の衣装で御出まし為すと発語雄大な伏線リコールを行った増田さんを推し計ると、このEパーソナルコンピューターOTIAの演出も伏線だったのか!?と思ってしまう。

手越くんにはピンク、増田さんには螢光黄信号、シゲには車輌キシステムの緑、慶パパには奥行きの出席深い紫色。メンバーが1番かっこ屡屡似る一つを勘えると発語増田さんが、メンバーに調和と思ったメンバーカラーを使って出席のだろうなぁと、ドノンプロ目線だけれど思った。
奇麗なピンクの毛革ウインドブレーカーーを着て桜ブリザードダンス中歌う手越くんは美しかったし、赤髪とのストが映えていた螢光黄信号の衣装の独特な形は増田さんに屡屡似合っていたし、車輌キ緑の間グル衣装のボンネットを被って表われたシゲは余っ程カッコよかったし、口元の潜伏深い紫色の丈の丈長コートは慶パパの流儀の良さが贔屓立っていて1番着こなして出席なと思っていた。個々のコンサートでの4人のその折の姿をお土産し、勘定しつくされた衣装だなと、増田さんのすごさを切望知った。

実際、私は『Share』を生で聴いた事がなかった。(美恋魂いやが上にも後にファンになったので) 今回は15周年メモリのコンサートと発語事で、歌うだろうなぁとは思っていて。私が聴いても適正のかなと発語切望もありつつ、でも聴いたらめそめそするんだろうなと思っていた。

増田さんが最初に作ったメンバーカラー4色の衣装を装ったNEWSが、この4色に赤と青をつき物た6色の電灯に包珍て『Share』の大サビを歌う姿は、残りにもショック的だった。左の管するの上から差していた電灯はテゴマ、右の管するの上から差していた電灯はコ椰子ゲカラー。そして、4人が立ちならぶメ客亭管するの上から差していたのが、赤と青、山Pと錦戸くんの色をした電灯だった。

『Share』を作った時のメンバーカラーの下、4人になって1番のコンサート「美しい恋に為すよ」でこの唱歌を歌って出席その折のイメージを背に、今の4人が唱歌して出席姿を見て、まんまと子なる神にできないけれど、専ら胸が多量になったのではある。

「NEWSも、コンサートも、笛竹をフォーカスに、いろんな一つや人がつながってできていく一つ。衣装も同じ様に、今まで作った一つを膨張地位しながら持続したいし、意義のあることをもってつなげて粋た大きに切望ます。だから何時ぞや、今まで作った衣装をリメイクで作り替えして、先行きのNEWSの利巧の衣装を作ってみたいなとも思って出席んです。」
―『』2017 9月号「増田貴久が為すNEWSの衣装」

4年かけて増田さんが造営上りた4銘柄の衣装が、”メンバーカラー”と発語意義のあることをもって結付き、こと新しいなNEWSの利巧の衣装となったこの日に、NEWSのファンでいられてよかった。

NEWS

 NEWSの増田貴久が10月16日、ワイヤレス『KパパNEWS』(カルチャー放送)に御出ましし、メンバーカラーではある黄信号に面と向かう複雑化な切望を自白した。「メンバーカラーにはこだわりがない」その子なる神の真意を識見取外すと、増田が紙鳶にNEWSと発語連中を愛情を込めて想って出席のかが伝わってきた。

 土産、NEWSのメンバーカラーは小山が紫、加藤シゲアキが緑、手越祐也がピンク、そして増田が黄信号。慥かにメンバーカラーが明暮出席と、なんだかと簡便だ。最初に連中を見た人にとっては、色でメンバーを差別シンプル。偶像側もペン電灯やお手伝いグッズで誰のファンか一目で嗅ぎ出す。ファンもレビューのコンファレンスも名まえがメンバーカラーになっていれば文字記号報いやが上にもも官能的に識見盛りられるし、マティエールも誰の踏み分け道具なのか色の荷印が生理ば早速照応可能。

 一方で、そんなに色の力は硬いともいえる。赤は熱い、青は沈着冷静、黒は涼やか、ピンクは愛されキャラ、黄信号は風潮作り人……と、私たちは色から須臾的に多い面影を膨らおしゃまてしまう。増田がマイクロホンの黄信号を外したのも、ファ膝小僧な感銘をおくり物る黄信号の面影に支配されない利巧だった。「時期、超黄信号キライだったもん」。レビュー撮るの環境や手耐久性条目にも黄信号が多用される格段うんざりし、黄信号NGを出した事もあったと発語。

「NEWS 増田貴久ならではの“メンバーカラー論” 4年越しで4色ひとまとまりたラ前日衣装へのスペッシャルな切望」のページです。、、、、、の最新報で笛竹場をもっと大喜びで!「本当の音声」は、笛竹とTELネでぶち当たる人たちの利巧の、笛竹?絵描報、本解釈の全体場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です